MENU

事業概要

令和3年度「通常総会」議案における主たる事業計画の概要

1 造林事業の推進

森林資源の循環利用と林業の再生が促進されるよう以下の事業を実施する。

(1)造林推進事業
  • 北海道や本協会支部をはじめ、関係機関、関係団体と連携しながら「豊かな森づくり推進事業」の活用を促進するなどして、造林事業の推進に積極的に取り組む。
  • 林業関係団体や北海道水産林務部、道総研森林研究本部(林業試験場・林産試験場)等と意見交換や各種検討などを図るとともに、造林関係者等への提言を行うなどして造林技術の向上・改善に努める。
(2)普及啓発事業 地域の特性に見合った森林整備事業が円滑に実施できるよう各種の普及活動を実施する。
(3)調査研修事業 森林整備事業等の推進に関する研修会の開催及び各種研修会への参加を促進する。
(4)支部事業 地域の森林整備の課題に対応した支部事業を実施する。
(5)造林推進会議 造林協会支部事務局及び関係団体で構成する「造林推進会議」を開催し、北海道の指導助言を受けて、造林事業の推進対策等について検討・協議を行う。
(6)市町村森林整備総合支援委託業務 森林環境譲与税を活用した森林整備の推進及び森林経営管理制度の適切な運用に向けて、市町村職員を対象とした森林環境譲与税等に関する相談窓口の設置をはじめ、専門知識を習得するための研修会の開催や地域林政アドバイザーの活用に向けた環境づくりなど市町村を総合的に支援する。

2 林業労働力の確保

詳しくは北海道森林整備担い手支援センターのホームページを参照願います。

3 国、北海道に対する施策等の提言、要望

施策の要望、予算の確保等について国及び北海道に要請活動を展開する。

4 優良苗木の安定生産と流通の円滑化

優良苗木の安定生産と流通の円滑化を図るため、次の事業を実施する。

  1. 苗木生産費の検討と苗木標準価格(案)の作成(コンテナ苗を含む)
  2. 造林用苗木の流通の円滑化を図るため、一括取引の推進
  3. 苗木流通経費の管理

5 森林保護事業の推進

森林を野ねずみや森林病害虫等から守るため、次の事業を実施する。

  1. 北海道民有林保護事業推進対策協議会の開催
  2. 野ねずみ防除事業の適正な推進

    野ねずみによる森林被害を防除するための殺鼠剤の空中散布事業が継続して実施出来るように、道や関係団体とも協力して取り組む。

6 造林の推進と苗木の生産、流通に必要な資材の斡旋、配布

  1. 造林助成制度のあらましの作成・配布、販売
  2. 造林用苗木結束テープの斡旋